株式会社イオンギア イオンギアを治療院様に

お電話でのお問い合わせ 043-307-9160

製品のご購入 お問い合わせ

イオンギアの医療用チタン電池 製品紹介

製品一覧

購入についてのお問い合わせはこちら

国内外で特許を取得した神経科学理論と鍼灸のポリモーダル刺激理論に基づき、鍼治療を代用する『非侵襲式家庭向け鍼用器具』です。
皮膚内のポリモーダル侵害受容器官の代表的反射作用の一つである血行改善により、コリや痛みを寛解します。
コリや痛みのつらい場所に貼付して下さい。さらに一般的鍼治療の代用としてツボ(経絡)やトリガーポイントに貼付すればいっそう効果的です。

ポリモーダル侵害受容器による反射、血流による修復、
そして新生へ…。自然治癒力のサイクル。

イオンギアPRO™のメリット

使用上の注意事項

  • ・皮膚を清潔にして貼付して下さい、口中や粘膜、傷口には絶対に使用しないで下さい。
  • ・誤飲に注意して下さい。
  • ・24時間以上の連続使用はしないで下さい。
  • ・入浴時には取り外し、入浴後に皮膚を良く乾かして清潔な状態で貼付して下さい。
  • ・本商品には金属が使用されています。金属アレルギーのある方は使用しないで下さい。
  • ・皮膚にかゆみや発疹等が起きた時は、直ちに使用を止めて専門医の診察を受けて下さい。
    かゆい所を掻いたり傷つけたり絶対にしないで下さい。

鍼灸やマッサージが効く仕組みを応用

ポリモーダル反応を治療に応用するためには、痛みを伴うような強い刺激は必要なく、むしろ強い刺激は交感神経を優勢にしてしまうため有害とさえ言えます。必要なのは「傷つける」ような刺激ではなく、痛みを伴わないポリモーダル侵害受容体への確かな刺激です。

鍼灸が古来からの歴史を経て今なお愛用され発展を続けるのは、「ポリモーダル反応」という確かな理論に基づいていたからです。 今や、統合医療への世界的な潮流と供に、我国のみならず欧米において「acupuncture & moxibustion」として脚光を浴びている 所以です。

ポリモーダル侵害受容器と鍼灸の科学的メカニズム

『鍼灸治療』の機序理論がポリモーダル侵害受容器に立脚している事は数々の研究結果が物語っています。今や常識と言って良いでしょう。

ポリモーダル受容器とは、身体の表面だけでなく内部にも広く分布するもっとも代表的な
侵害刺激受容器(レセプター)の事です。

ポリモーダル受容器は、次の3つに対して反応します。

鍼刺激によって、感じる得気、鍼感と呼ばれるような感覚はポリモーダル受容器が応答していると考えられています。
また、軽く皮膚に触れるといった全く痛みを感じない様な刺激でも応答することが分かっていますので、
ごくわずかな鍼刺激でもポリモーダル受容器は十分に興奮していることを意味します。

ポリモーダル反応の主たる効果

血流を増加させ、侵入した異物(侵害刺激)を押し出そう。
加えられた熱に対処しようとします。結果的に、コリや痛みの原因となる発痛物質や老廃物が浄化されます。

ポリモーダル反応と同時に起こる各種反応

イオンギアによる新しいトリガーポイント治療

つらい慢性痛やシビレの症状は筋膜性疼痛症候群というひとつの病気です。近年その認知が急速に進んでおり、その治療方法をトリガーポイント治療とも呼びます。筋肉の使いすぎや長時間同じ姿勢を続けてしまうと、筋肉を包む筋膜(腱・靭帯・骨膜)に癒着、血行不良を引き起こし、トリガーポイントと呼ばれる痛みの原点を形成してしまいます。このトリガーポイントに狙いを定めて治療することが現代医学では非常に有効とされており、イオンギアはそのトリガーポイント治療のために生まれた治療器です。イオンギアはトリガーポイントのポリモーダル侵害受容器を刺激し、痛み、コリ、しびれなどの諸症状の緩和、トリガーポイントの発生に伴う関連痛を予防します。

鍼灸やマッサージの効果の持続

  • 鍼灸界ではこれまで長年に渡り、鍼灸効果の継続時間は数日(5~6日)かけて徐々に弱まりながらも持続していくと言われています。
    青線の如く、数日後の効果の残留分がその度ごとに積み重なり、長い時間をかけて緩解します。
    近似曲線(赤線)もそれを物語っています。
  • 鍼灸のポリモーダル刺激と軸索反応の持続時間です。
    これだけでは最たる効果は望めません。
    これに内因性モルヒネ様物質や、自律神経反射の持続時間によって、ポリモーダル刺激の櫛状効果をいかに引き伸ばして『表1』のように刺激空白部が埋まっているかが今後の研究成果に注目されます。近似曲線(赤線)も微増横這いで、それを物語っています。
  • イオンギアPRO™による24時間刺激、24時間無刺激の繰り返しポリモーダル刺激を行った場合の効果曲線です。
    効果の残留が下がりきらないうちに次の刺激が来るので、短期間で効果が現れます。
    『表1』『表2』の1周期6日と違い、1周期は24時間です。
    即ち、24時間貼付、24時間貼付せずが1周期になります。

専門用語と基礎知識について

医学界で起きている変化「統合医療」

近年、医学界は「統合医療Integrative Medicine」として、これまでの医療が西洋医学中心の
「対処療法」に終始した事への反省から、「原因療法」へと急速に移行しています。

日本統合医療学会の解説において

実際に、救命救急や外科手術などの臨床現場では近代西洋医学でしかなしえない治療が施されます。しかし一方で、慢性疾患の治療や予後の療養、さらには近代西洋医学では治療不可能と言われた症状に対して、伝統医学や相補・代替医療(※1)の有効性が数多く報告されています。

一般社団法人 日本統合医療学会

※1
ここで言う伝統医学や相補・代替医療とは、実質的に『漢方薬』や『鍼灸治療』の事です。
既に、我が国の医学会では、西洋医学と東洋医学の融合。「対症療法」から「原因療法」の必要性を訴え、大学病院や主要研究機関などにおいても漢方薬の採用や鍼灸科目の設置などが進んでいます。

軸索反射

軸索反射は、はり治療するとその周辺が赤くなる反応(フレア反応)に関係があります。これは筋血流量の増加に反応です。
そのメカニズムは、以下になります。

微小組織損傷刺激

鍼灸治療をすると、軽度の炎症反応が起こると先に述べましたが、炎症が起こった組織では、β-エンドルフィンやメチオニン-エンケファリンなどの内因性モルヒネ様物質が産生されることがわかっています。これらの組織で産生された、内因性オピオイドは局所の鎮痛効果に関与していることが解ってきています。

内因性モルヒネ様物質による鎮痛効果

鍼灸治療をすると、軽度の炎症反応が起こると先に述べました。
炎症が起こった組織では、モルヒネに似た作用で鎮痛作用はモルヒネの6.5倍の効果を発揮し、ストレスなどの侵害刺激により生産されて鎮痛・鎮静にも働き、多幸感をもたらすβ-エンドルフィンやメチオニン-エンケファリンなどの内因性モルヒネ様物質が産生されることがわかっています。
これらの組織で産生された、内因性オピオイドは局所の鎮痛効果に関与していることが解ってきています。

自律神経反射

主に肩こりや腰痛など筋肉のコリは筋肉の血流の減少が原因でその部分に痛みの原因、発痛物質が溜まってきます。
ポリモーダル刺激によりサブスタンスPやCGRPらが血管を拡張させ血流量が改善または増大することか解っています。
これが先に述べた軸索反射です。
血流量が改善または増大すると血流が悪いために溜まっていた発痛物質が排除され、痛みが起こっていた部分に鎮痛効果が現れます。
そして、ポリモーダル刺激は内臓にも自律神経を介して作用しています。その主なものは、四肢への刺激で迷走神経胃枝活動の亢進により胃運動の亢進が、腹部刺激では交感神経胃枝活動の亢進によって胃運動の抑制の反応が認められています。
また、心拍数の減少、腎交感神経活動の抑制に伴う血圧降下作用があります。

トリガーポイントによる痛み 「筋膜性疼痛症候群」とは

痛みの原点、トリガーポイント

人の筋肉にはそれを包む膜『筋膜』(腱・靭帯・骨膜)がありますが、同じ筋肉の使いすぎたり、あるいは長時間同じ姿勢を取るなど体に一定以上の負荷がかかる状態が続くと、筋肉に小さな損傷や炎症が起こり、筋膜との癒着が起きます。
この癒着が血行不良を引き起こし、神経が脳へ痛みの信号を送り始めます。これが慢性化することで神経の異常興奮状態はおさまらなくなり、トリガーポイントという痛みの原点を生み出してしまいます。
トリガーポイントはその名の通り引き金を引いて信号を脳に送り、コリとは別の、「トリガーポイントによる痛み」を生じさせることになります。こうなると、筋肉をもんだり温めたりすると、コリの痛みは取れますが、トリガーポイントによる痛みはとれません。

トリガーポイントはさらなる「関連痛」を引き起こす

トリガーポイントは関連痛と呼ばれる痛みを引き起こすことがあります。関連痛とは、痛みとなる原因が生じた部位と異なる部位に感じる痛みのことです。かき氷を食べて急冷された喉への刺激を後頭部やこめかみに痛みと誤認知してしまうアイスクリーム頭痛などが有名で、異所性疼痛、連関痛とも呼ばれます。
トリガーポイントが大きな刺激を受けたり、放置されるとトリガーポイントはさらなる激しい興奮状態になり、痛みの信号を脳に向けて連射します。するとその信号を受け取った脳は混乱し、信号がきた場所を間違って判断してしまいます。その結果、本当に痛む原因となっている場所だけでなくその周辺にまで広い範囲に疼痛を発生させ関連痛となってしまうのです。
このように筋膜の緊張状態が長引くとさらに新しいトリガーポイントができてしまい、症状がどんどん複雑化してしまいます。症状の悪化を防ぐためにも、トリガーポイントは早い段階で治療することが重要とされています。

トリガーポイントとツボの関係

トリガーポイントと東洋医学のツボ(経穴)は、約8割が一致していると言われています。先人たちはトリガーポイントができやすいところを長年の経験と知識からツボ、つまり経穴として治療していたと考えられています。ここ数年、鍼灸においてもトリガーポイントへの治療が脚光を浴び重要視されています。触診やエコーによってトリガーポイントの正確な位置を把握し、そこへイオンギアを貼って血流改善を促すことでさらなる治療効果の増大が期待できます。

このページのTOPへ